慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

料理のレパートリーが増えた

 慢性膵炎と診断され、もうすぐ2年。食事制限を始めた頃は、「食べるものがないじゃないか」という精神的不満で一杯の状態になったりしました。調子が最高に悪かった頃は、ご飯と海苔の佃煮が定番メニューでしたし。

 最近、脂質制限食でも、結構色々な料理が作れるようになってきました。その理由としては、調子が良くなってきたので、前には食べられなかった繊維の多い食材等の制限がなくなってきたことが挙げられるとは思います。
 
 しかし、それより大きいのは、全身の倦怠感がなくなってきて、体を動かすことが億劫でなくなったこと、少しは頭が働くようになったことがだと思います。特に、今は休職中で時間がたっぷりありますしね。

 食べるということを少しは楽しめなければ、生きている楽しみがなくなってしまうような気がしてしまいます。全身の状態が良くなければ、それは難しいことだなあ、としみじみ思う今日この頃です。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-06-21 16:43 | 慢性膵炎