慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

脱力期

 今の副作用の症状は、「体に力が入らない」、というのが主たるもので、特に不便しているのが、手に力が入らないので、お箸や鉛筆がうまく使えない、ということです。仕事のときは、特にメモなどもうまくとれず、非常に不便な思いをしています。色々な症状が出てくるらしいので、今は、脱力期、と思って、あきらめて過ごしているところです。

 膵炎の症状は、今は背中と、時々左脇腹が痛む、けれど、耐えられる程度、というところです。夕食後でこのくらいだったら、いい、と思わなければならないでしょう。
 鎮痛剤が入っていない点滴で、この程度で過ごせるとは、初回を終えた時点では思ってもみませんでした。やはり回数を重ねると違うようです。

 明日も、仕事のあと点滴に向かう予定です。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-09-20 19:37 | 慢性膵炎