慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

露店は目で楽しむもの

 今日は、浅草の鷲神社に行ってきました。ここは、酉の市の発祥の地ということです。酉の市というのは、東京ではメジャーな年中行事です。へろへろは、元々東京の人ではないのですが、お祭り気分に浸りたくなって、出かけてきました。こんなことを考える、というのが、不調のときには考えられないことです。

 ただ、夜は混むことが予想されたので、日中に行ってきました。それでもすごい人だと思いましたが。

 今日、鷲神社に行くのに通った道は、露店がたくさん出ていて、どれもすごくおいしそうでした。今の露店って、お値段もそこそこいいのですが、なかなかおいしそうなものばかりなのですね。焼きそばは、具がたくさんで目玉焼きがのっかっているのが主流みたいです。たこ焼きは、大きいたこが見えるように作ってあったり、たことホタテが入ってるのがあったり、となかなか豪華。海産物を焼いて食べさせてくれるところや、魚の塩焼きを食べさせてくれるところは、お酒が飲めるようになっているようでした。チジミやトッポギなど、韓国料理もたくさん出ていました。

 当たり前のことですが、私が食べられるものはどうもないようです。油を使って焼いてあるものばかりでしたし、甘いものは卵が使ってあるみたいです。
 こうやっておいしそうなものを前に、何も食べられない状況になっても、今は、それなりに見て楽しむことができます。食事制限を始めたばかりだったら、とてもとてもフラストレーションがたまっただろうと思います。
 慢性膵炎ライフが身についてきたということでしょうか。
 
 
[PR]
by heroheromakiko | 2006-11-04 20:48 | 慢性膵炎