慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

感慨にふける。

 今日は、朝食後2時間ほど、胃の辺り、つまり、実は膵臓がということですが、重い感じがしました。今週、ずっとこうだったのかな、と思い返してみましたが、よくわかりません。平日は途中でお仕事モードになっているので、そんなに意識していなかったように思います。

 昨日、点滴に行けなかったので、点滴に行ってきました。

 帰りに、駅の立ち食いソバ屋さんを見ながら、ああ、今週は、3回目の点滴だけど、これでも良くなっているんだよなあ、と感慨にふけってしまいました。そう、とても辛かった頃には、立ち食いソバ屋さんにずいぶんお世話になっていたのでした。なにしろ、回数券を買っていたくらい、よく行っていたのです。

 仕事の帰りに、もうだるだるの状態で、帰ってなにか作る気力も体力もなく、でも、薬飲むためにも、食べなきゃいけないし、というとき、立ち食いソバ屋さんのうどん、というのが定番メニュー、という頃があったのです。

 元気な人は、冷凍うどんと市販のつゆと冷凍のほうれん草買ってきて、ちゃちゃっと作ればいい、と思うでしょう。しかし、体調が悪いと、何を食べようかと考える気力も、買い物に行く気力も、作る気力も、後片付けする気力もわかないものなのです。この頃は、ご飯を炊く気力もなかったのです。

 最近は、調子が悪い、といっても、なんとか自炊できています。調子が悪い、の最低線は、少しづつ上がってきているのだなあ、と今日は感慨にふけってしまったのでした。
 だから、頑張って早寝して、疲れないように気をつけて、来週はまた点滴通いで、と、なんとかやっていきたいと思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-07 18:02 | 慢性膵炎