慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

右を下にして眠る

 昨日、寝るときに気がつきました。昔は左を下にして寝ていたのに、右を下にして寝るくせがついているなあ。

 これは、前にかかっていた先生の指導によるものです。吐き気が、吐き気が、と訴えるへろへろに、先生は、逆流性食道炎を疑い、いくつか指示されました。
 まず、寝る2時間前までに、食事を終えること。次に、食後は、横にならず、縦になっていること。これは、食べたものが、ちゃんと腸に落ちていくのを助けるために、です。そして、寝るときは、右を下にして寝ること。胃は、右側で腸とつながっているので、こうすることで、腸に食べ物が落ちるのを助け、胃から食道に逆流するのを防ぐためです。

 このような努力をしても、吐き気はなくならず、今回の先生によって、胆嚢が悪くなっているために起きている吐き気だ、とわかったのです。

 いただいた薬で、吐き気はなくなり、逆流性食道炎ではなかった、とわかっても、右を下にして寝るくせはなおりません。もう、右が下のほうが落ち着くようになってしまいました。

 
[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-25 22:18 | 慢性膵炎