慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

世間とは、ずれているのね~。

 この3連休、入院している患者さんの中でも、もう退院が近いのでは?と思われる方は、外泊の許可が出て、お家に帰ってらっしゃった方がいらっしゃいました。

 病院に戻ってこられて、お家でどうだったか、話を聞いてみると、下界とここ、病院では、時間の流れが違う。それで、とても疲れた、というようなことをおっしゃっていました。ここにいると、やはり病院仕様の体になっていて、下界にはなかなかついていけないようです。

 へろへろの場合、お散歩したり、外出したり、入院患者としては動き回っているほうだと思うのですが、考えてみると、やはり、横になったりしていることも多いし、治療と治療の間の待ち時間があったりもするし、のんびりしているのですね。そして、買い物に行ったり、献立を考えたりしなくても、食事が出てくるし、後片付けもしなくてもいい。これは、かなり大きいと思います。

 退院に向けての体と心の調整は、近づいたら真剣に考えなくてはいけない問題ですね。まだまだ先のことですから、今は、この病院生活で、体と心をしっかり休めたいと思っています。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-07-16 20:27 | 慢性膵炎