慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

私って病歴長いのね~

 他の入院患者さんと話をしていて、時々、ああ、私って病歴長いのねえ~、と感じるときがあります。

 例えば、膵炎の症状について、みんなが、呼吸が止まりそうになるときがあって、苦しかった、というような話をしていて盛り上がっていても、へろへろにはそんな経験ありません。というか、もしかしてある、もしくはあったとしても、それに慣れっこになっているので、感じなくなっている可能性大だと思うのです。

 それから、痛みの話にしても、他の症状の話にしても、みんなが、「あれ、苦しいよねえ~。」と盛り上がっていても、へろへろは、それ、いつもあったからなあ、ずっと前からあったよなあ、などと思ってしまって、そういう自覚症状が当たり前で生きてきた期間の長かったことを思い知るのです。

 まあ、だから、前にも書いたように、色んなことに鈍くなってきているんですけどね。体調が悪い時期が長く続いていたので、いつもそれなり、でいる、低空飛行の体のようです。

 みんながよく言う、何々を食べて悪くなった、というのも、実はあまりわからなくなっているようです。他の人は、何かに対して、劇的な反応を示したりするみたいですね。病院食の中でも、そういうことがあるようですが、へろへろは、特に感じていません。何食べても、何しても、元々悪いから一緒なのかなあ、などと思ったりしています。

 まあ、前にも書いたように、これはこれで幸せなことです。いい状態の記憶もあまり定かではないので、それなりに生きていければいいかな。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-07-19 20:18 | 慢性膵炎