慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

バスでお出かけ

 今日は、外出許可を取って、地元のバスでショッピングセンターに出かけてみました。行きは10分くらい、帰りは30分くらいの道のりです。本数が少ないので、滞在時間は2時間ほどです。

 こうしてお出かけしてみると、病院は世間とは別世界なのだなあとつくづく思います。時間の流れ方が本当に違います。周囲の人たちが、普通に買い物などしているのも、なんだかすごいことのように思えます。食べ物の匂いも、病院のものとは全然違っていて、なんだか危険なものばかりです。病院食に慣れきった今、食べられるものはうどんとそばくらいなものでしょう。それも、もし食べたら、味が濃くて調子を崩すかもしれません。
 病院にいる、ということは、世間から守られている、という感じですね。

 そして、今回のお出かけで一番驚いたのは、行き帰りのバスの揺れでした。バスの揺れって、結構なものですね。振動に弱いという胆嚢に悪影響が出るのでは、と心配しながらバスに揺られて帰ってきました。幸い、今のところ調子が悪くなったりはしていません。良かった!

 退院して、働き始めたら、色んなものに慣れなきゃいけないんだな、と、改めて感じたお出かけでした。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-07-22 20:39 | 慢性膵炎