慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

食事指導を受けました。

 突然栄養士さんが部屋にやってきて、食事指導を受けました。これは、退院が近くなると受けるもので、退院日も決まっていないのに、びっくり!でした。まわりの仲間に、「今日、食事指導があったんだよ~。」と話したら、みんなも「おおっ!」という反応でした。

 内容的には、一日の脂質30グラム以内で、ということで、摂取量の目安や、脂質を多く含む食品、その他注意事項という感じです。慢性膵炎生活を3年送っていると、知らないことは特になかったです。

 ただ、ここの病院で出る料理の具体的な作り方について、いくつか質問ができたので、帰ってからの食事にすぐに役に立つのがうれしかったです。 

 私の課題は、いかに脂質をとらないか、ではなくて、いかに上手に脂質をとっていくかだと思います。膵臓も悪いけれど、胆嚢のほうがより悪いようです。脂質制限をしすぎると、胆汁の排泄が悪くなり、胆汁による胆道の洗浄作用が低下してしまうようです。ですから、胆嚢の調子をよくするためにも、ある程度脂質をとっていかねばなりません。

 入院前、自分なりの脂質制限食のパターンができていましたので、それを少しずつ改良して落ち着くまで、苦労しそうです。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-08-10 14:30 | 慢性膵炎