「ほっ」と。キャンペーン

慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

お盆休み

 今日・明日と、病院はお盆休みです。地元の人は、ほとんど家に帰っているようで、病院はとても静かです。残っているのは、ほとんど県外組です。
 このお盆休みの期間、点滴のみで、ほかの治療はお休みです。だから、残っている私たちは、ヒマを持て余していました。

 すると、お昼近くになって、急に先生登場。回診もお休み、と聞いていたのですが、回診に来てくれたのです。人数も少ないので、ちょっとゆっくり話を聞けました。

 へろへろの膵臓は、先生は心配していないようです。胆嚢は、やはり悪い。将来的のことはわからないけれど、気をつけて過ごしていても、取らなければならなくなる可能性はあるそうです。
 先生が特に心配しているのは、へろへろの病歴が長いことです。自覚症状は、10年以上に及ぶ、と言ってあるので、今回の治療で、自覚症状がなくなったと言っても、そんなに長い期間苦しんでいたのが、どの程度良くなっているか心配されていました。

 お盆休み明けの金曜日に、最後の治療を受けて、土曜日が検査となります。

 今日は、思いがけず回診があって、とてもうれしかったです。お休みの日も、私たち入院患者のことを考えてくださる先生、どうもありがとうございます。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-08-15 21:50 | 慢性膵炎