「ほっ」と。キャンペーン

慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

<   2006年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今週は疲れた

 今週は、仕事が忙しく、とても疲れてしまいました。昨日は、点滴に行って、帰ってきたら疲れていて、ブログも更新せずに寝てしまいました。

 仕事に復帰することにして、1ヶ月。前半は不調。途中から精神系の薬の断薬で苦しみつつも、徐々に調子が上がってきて、最終週は、健康な国の人に混じってどうにか働くことができました。点滴のおかげと言えると思います。多分、点滴のおかげで、食べ物でエラーが出なかったのも、体力維持に良かったのだと思っています。

 また、精神的な面で言えば、ブログでそのときの状態や気持ちを書くことによって、自分を客観視することが少しでもできたと思いますし、コメントをいただいて、勇気を得ることができたのも大きかったと思います。

 来週から10月になりますが、また新たな気持ちで、仕事に臨みたいと思います。当分点滴は、週に4日かなあ。とにかく、病気の国の人としては、無理せずに、自分のできる範囲をわきまえて、やっていこうと思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-09-30 18:48 | 慢性膵炎

背中の違和感

 今日は、朝ごはんを食べて、いつものように出勤しようとしている途中で、背中に違和感を感じてしまいました。うーん、危険かなあ、と思いつつ出勤。いつの間にか背中の違和感はなくなっていました。仕事が忙しかったので、ふと気が付いたときは、消えていたのでした。

 少しほっとして、昼食を食べると、朝の違和感よりも強い、痛みに近い感覚がまた背中に。あー、どうしよう、困ったな。ひどくなったら早退して、点滴に直行するしかないなあ、と思っていたら、また忙しく働いているうちに、痛みに近い感覚がなくなっていました。

 この感覚、私はまだ健康な国の人ではなく、病気の国の人なのだから、無理をしてはいけない、というサインだと思います。明日は金曜日。月末で仕事は大変忙しいのですが、私はまだまだ無理しないで、少しのんびりと働かせてもらおうと思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-09-28 20:46 | 慢性膵炎

今だ病気の国の人

 体調が上向きになり、今週は先週よりも副作用の影響も少なくなり、職場での生活が前に比べてずいぶんらくに感じられるようになりました。

 それでも、私は病気の国の人だな、と感じることがあります。物事に対する反応の遅さ、疲れやすさ等、何でもない瞬間で、周囲と自分との差を大きく感じてしまうことがあります。今は、みんなと一緒になろうなんて考えていません。彼らは健康な国の人。私は病気の国の人で、たまたま健康な国に紛れ込んでしまっているだけ。そう思っていたほうが、精神的にも楽です。違うんだ、と思っているほうがいいみたいです。

 以前は私もあんな風に働いていたんだ、と思うと、信じられない気がします。今は、とてもエネルギーが足りません。色んなことが無理に思えてしまいます。

 明日も健康な国に紛れ込んで働いてきます。私は、無理せず、焦らず、病気の国の人らしい働き方しかできませんから、それなりに頑張っていきたいと思っています。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-09-27 19:24 | 慢性膵炎

ただ今減量中

 慢性膵炎患者は、体重が減ってしまって、太りたい、という方が多いのですが、私は、精神科系の薬の副作用で、太りすぎになってしまいました。そして、お医者さんからも減量するように指示され、ただ今減量中の身であります。

 薬の副作用で、食欲が増していたようで、減量は順調に進んでいます。太りすぎの体重から、標準体重まで落ちてきました。まずは一安心、といったところです。

 問題は今後です。あと1キロくらいは落ちてもいいと思うのですが、あまり減ってしまうのもなあ、という感じです。実は、3月頃は、今より5キロくらい体重が少なかったので、そこまで落ちても生活に支障がないとわかってはいます。しかし、痩せすぎだったよなあ、という気もしています。

 とりあえず、今、エラーが出ていない食生活なので、このまま続けて様子を見てみようかな、と思っています。今の食生活キープでいいのかどうかの検証になるとも思いますから。精神系の薬
を抜いて以来、食欲が抑えられているので、ストレスを感じないですんでいるので、精神的には楽な減量です。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-09-26 20:19 | 慢性膵炎

さわらの煮付け

 今日のお昼は、さわらの煮付け定食にトライしてみました。さわらの煮付けとご飯とあさりの味噌汁、漬物2品は食べ、さつまあげとポテトサラダは残しました。当たり前か。
 さわらは、結構大きくて、これを全部食べたら、危ないかな、どうかな、と少し心配だったのですが、結局全部食べてしまいました。エラーは出なかったので、ほっとしました。

 ここのところ、調子は上向きと思うことにし、たんぱく質を色々試しています。前より摂取量が増えていると思います。そのおかげか、前の病院の点滴跡が黒く残っているのが、前よりも薄くなってきたように思います。

 あまり飛ばしすぎてエラーが出ても良くないのですが、今までたんぱく質について、神経質に考えすぎていたのかもしれません。
 少しずつ、摂取するものの種類を増やすように、色々試していきたいと思っているところです。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-09-25 21:13 | 慢性膵炎

調子は上向きかな?

 今週は、火曜日の昼は、「ご飯と海苔の佃煮」という私の黄金メニューでエラーが出たのですが、
午後に点滴に行って以来、食事後のエラーはありません。痛みは、水曜日、仕事に行って、仕事が終わりに近い時間に出て以来、出ていません。
 今日は、病気の国の人でない、元気な友人と一緒に行動したので、疲れが出て調子を崩すかな、と少し心配だったのですが、今のところ、吐き気も痛みもなし。

 ということで、調子は少しずつかもしれませんが、上向きになっているのだと思うことにしました。
あまり用心しすぎてもいけないので、精神的な問題ですけど、そう思うことで、食べ物のトライ&エラーも積極的になれるような気がします。

 脱力期は、まだ続いており、手の力も100%戻ってきてはいないのですが、生活する上での問題はなくなってきました。

 明日からまた一週間始まりますが、無理はしないつもりですが、あまり色んなことに気を遣いすぎないで、少しゆったりした気分で過ごすようにしたいと思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-09-24 19:58 | 慢性膵炎

逆流性食道炎で苦しむ

 逆流性食道炎がなかなか治りません。昨日の夜も、逆流してきた胃液の苦い味がして、目が覚めてしまいました。そして、今日は朝食の後、すぐ横になってしまったのが失敗でした。胃液が上がってきてしまいました。さきほど昼食を食べたら、少し楽になりましたが、吐き気がして、とても悲しくなってしまいました。やっぱり食後2時間は、縦になっていたほうがいい、というのは、本当のようです。

 仕事に行っているほうが、勝手に横になったりできないので、いい面もありますね。家にいると、どうしても楽な方向に行こうとしてしまいます。それで失敗したりすると、頑張って失敗したよりも、精神的に落ち込んでしまいます。なんでもう少し頑張れなかったかなあ、などと思って。

 適度に楽に過ごしながら、逆流性食道炎も、慢性膵炎も悪化しないようにしたい、と思っています。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-09-23 12:55 | 慢性膵炎

字を書けました

 脱力期は、まだ続いていますが、少しずつ状態は改善されています。そして、今日はとうとう、字を書ける状態になりました。まだ、全力ではないので、下手くそな字になってしまいますが、メモも取れるし、とりあえず、仕事をするには、差し支えない、と言っていいでしょう。

 これに元気をもらって、今日も仕事の後、点滴に行ってきました。今日も、待合室には人が一杯。みんな、仕事の後通院しているのでしょう。結構若い人が多いのに驚いてしまいます。この病気は、年配の女性が多い、と聞いた気がするのですが、私は、今度の病院では、年配の部類に入ってしまいます。前の病院では、若手だったのに。

 病院から帰る電車の距離が、体調が悪かった頃は、遠く感じたのですが、今日は、近くなったように感じました。9月中に、こういう風に感じられるようになるとは、思ってもみませんでした。今週の火曜日は、お昼にご飯と海苔の佃煮で、吐き気がしていたなんて、信じられません。

 来週も頑張って、病院通いをしたいと思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-09-22 20:22 | 慢性膵炎

私は病気の国の人

 ここのところ、出勤して、そこそこ働いています。しかし、どうも違和感を感じてしまいます。体調不良で病院通いが続いているせいか、そこで働いている健康な同僚たちと私とは、別の国の人のような気がしてなりません。職場は、健康な国の人たちばかり。私一人が病気の国から、健康な国に紛れ込んでしまったように感じてしまいます。私も健康な国の人の仲間になりたいのですが、当分は無理。
 特に今は、脱力期が続いていて、相変わらず手が思うように動かないので、尚更そういう風に感じてしまうのかもしれません。

 今日も、仕事の後、病院に行って、点滴を受けてきました。病院のほうが、落ち着く場所になっているような気がします。
 点滴を受けている途中で、胸のつかえがなくなっていくような感じです。胸のつかえは、膵炎の症状なのかな。前の病院で点滴を受けていたときも、同じような感覚がありました。

 とにかく今は、健康な国の人に混じって働きながら、点滴に通って、断薬の副作用と、膵炎の症状の改善に向かっていくしかありません。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-09-21 20:23 | 抑鬱状態

脱力期

 今の副作用の症状は、「体に力が入らない」、というのが主たるもので、特に不便しているのが、手に力が入らないので、お箸や鉛筆がうまく使えない、ということです。仕事のときは、特にメモなどもうまくとれず、非常に不便な思いをしています。色々な症状が出てくるらしいので、今は、脱力期、と思って、あきらめて過ごしているところです。

 膵炎の症状は、今は背中と、時々左脇腹が痛む、けれど、耐えられる程度、というところです。夕食後でこのくらいだったら、いい、と思わなければならないでしょう。
 鎮痛剤が入っていない点滴で、この程度で過ごせるとは、初回を終えた時点では思ってもみませんでした。やはり回数を重ねると違うようです。

 明日も、仕事のあと点滴に向かう予定です。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-09-20 19:37 | 慢性膵炎