「ほっ」と。キャンペーン

慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

<   2007年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

疲れやすいなあ。

 ここのところ、自覚症状があまり辛くなく、好調維持、という日々を送っています。

 が、それは、あくまでも慢性膵炎患者として、の話であって、一般人とは違うレベルでの話しです。仕事には行っていますが、残業しなくていいように仕事を組み立て、帰ってからは、さっさと食事をすることにのみ神経を使っています。
 家事は、あまりやりません。洗濯物は、洗濯機がしてくれますし、食器を洗うのは、疲れていると、食器洗い機にお任せ。掃除は、クイックルワイパーでちょこちょこと、目に付く範囲だけ。

 ということで、片付けとか、平日にやっているヒマがないんですねえ。だから、この連休中、少しは手を付けてみました。すると、これって、結構疲れてしまうものなんです。元々、好きなことではないからかもしれません。
 今日も、朝8時から片付け始めましたが、体調を崩して以来、あまり片付けということをやってこなったツケは大きい!やってもやっても、片付いた感じがありません。体も疲れたけど、精神的にも疲れました。とても一日やっていられなくて、3時間も昼寝して、やっと復活しました。

 まあ、全然やれていなかったことに手をつけられた、ということで、調子はいいのだ、と思うことにしましょう。
 それでも、まだまだ疲れやすいのだ、ということを再確認した連休前半でした。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-30 18:02 | 慢性膵炎

習慣って恐ろしい

 昨日、寝るときに右を下にして眠るくせについて書いたあとで気がついた、もうひとつの習慣。というか、脅迫観念。
 それは、夕食を可能な限り、早い時間に食べる、ということ。
 これは、昨日書いた通り、最初の先生に、寝る2時間前に夕食をすませるように言われたことがきっかけです。

 寝る2時間前、と言うと、普通の人は、12時くらいに寝るのでしょうから、10時までに食べ終えれば、ということになると思います。しかし、へろへろは、そんなに遅くまで起きていられません。最近10時くらいまでなんとか起きていられるようになりましたが、たまに、9時ごろに寝てしまいます。体調が悪いと、9時前に寝ることもあります。
 という人の2時間前って、7時、とかになってしまうわけです。だから、帰ったら、何をおいても、とにかく食べてしまわないと、食後2時間起きておくことなんかできません。

 ということで、いまだに、帰ってすぐ食事!と思ってしまうんですねえ。食べる2時間前に食事を終える、ということは、悪いことではないとは思いますが、この脅迫観念のおかげで、家に帰ってからの時間が、一層あわただしくなっている気がします。

 
[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-26 19:34 | 慢性膵炎

右を下にして眠る

 昨日、寝るときに気がつきました。昔は左を下にして寝ていたのに、右を下にして寝るくせがついているなあ。

 これは、前にかかっていた先生の指導によるものです。吐き気が、吐き気が、と訴えるへろへろに、先生は、逆流性食道炎を疑い、いくつか指示されました。
 まず、寝る2時間前までに、食事を終えること。次に、食後は、横にならず、縦になっていること。これは、食べたものが、ちゃんと腸に落ちていくのを助けるために、です。そして、寝るときは、右を下にして寝ること。胃は、右側で腸とつながっているので、こうすることで、腸に食べ物が落ちるのを助け、胃から食道に逆流するのを防ぐためです。

 このような努力をしても、吐き気はなくならず、今回の先生によって、胆嚢が悪くなっているために起きている吐き気だ、とわかったのです。

 いただいた薬で、吐き気はなくなり、逆流性食道炎ではなかった、とわかっても、右を下にして寝るくせはなおりません。もう、右が下のほうが落ち着くようになってしまいました。

 
[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-25 22:18 | 慢性膵炎

NHKきょうの健康

 今週は、膵臓の病気についてらしく、今日は慢性膵炎についてでした。アルコールと膵炎の関係について説明されていました。へろへろのような原因不明の特発性についても言及されていましたが、何しろ原因不明なので、説明はあまりありませんでした。

 今日の番組では、本でよく見る、代償期・非代償期といった表現ではなく、腹痛期、という表現を使われていました。定着した表現はないのかもしれません。
 この腹痛期は10年くらい、と言われていましたが、これは、治療を受けない場合、なのでしょうか。既に20年くらい自覚症状があるへろへろとしては、気になる数字です。 が、へろへろの場合、大学病院では慢性膵炎と認められないらしいので、関係ないかな。

 慢性膵炎との診断を受けてから、3年。いつのまにか、15分の番組では、知らないことがないくらい、膵臓について詳しくなっているものなんですねえ。

 慢性膵炎は、進行性の病気、と今日も言われていましたが、医学が進歩して、治る病気になって欲しいものです。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-24 20:59 | 慢性膵炎

今日も疲れているぞ。

 今日もなんだか疲れちゃいました。自分のペースで仕事ができないと、疲れてしまうみたいです。

 へろへろは、締め切りギリギリに仕事するの、精神的にダメなんです。体が弱いので、余裕持って仕事しておく習慣がついているので。今の職場は、まだそこまで仕切れないから、他の人に、締め切り間際の仕事頼まれたりするので、これがストレスなんだなあ。ギリギリで仕事するのが平気な人は、へろへろが、前倒しで仕事していくのが、煽られているようでストレスなんだろうけど。

 ま、ぐだぐだ言っていないで、今日も早寝して、疲れをとることにしよう。

 3月から続いていた吐き気、追加された薬のおかげか、なくなりました。夜、ふと目が覚めたときも吐き気、という日々が続いていたので、本当にうれしいです。なんとかこのまま、吐き気がない状態が続きますように。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-23 20:41 | 慢性膵炎

ドクターショッピング?

 金曜日の午後、2時間早く帰らせてもらって、とある地方都市まで、行ってきました。いいお医者様がいる、という情報をいただいたので、土曜日の朝一番で診ていただこうと、泊りがけで行ってきたのです。

 今のお医者様も、いい方なんですけどね。あの精神系の薬漬けから救ってくれて、絶食しないでいい状況にしてくれて、ちゃんと働けるようにしてくれたのは、今の先生。本当に感謝しています。
 他の方にも紹介したりしておきながら、自分はまた他のお医者様のところに行っている、なんて、へろへろったら、節操ないかな。

 でも、3月から、ずっと吐き気とお友達で、なんだかなあ、という体調が続いているので、少しでも楽になりたい、と思っちゃったんだなあ。このままあきらめるのはいやだし。

 ということで、土曜日、診察を受けてきました。膵臓はやはり腫れているそうです。頭部と尾部が。体部は腫れていないらしいです。それから、胆嚢は、ギリギリ機能しているらしいですが、炎症を起こしているそうです。だるさと微熱は、胆嚢炎のせいだそうです。
 膵臓も胆嚢も悪いのは悪いようですが、状態は、それほど悪くない、と言われました。自覚症状は20年くらい前からあるので、かなり悪いのでは、と覚悟していましたので、へろへろにとっては朗報です。

 食事制限は今までどおりですが、薬がいくつか変わりました。新しい先生の下での治療、うまくいってくれるといいな。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-22 20:19 | 慢性膵炎

久々にくたくた

 今日は、初めてやる仕事がある日でした。4月に職場がかわったばかりなので、どの仕事も初めてと言えば初めてではあるのですが、今日は、今までとは流れが違う仕事でした。そんなにたいしたことはやれないので、使い走りみたいなもんだったのですが、それはそれで、疲れてしまいました。ということで、久々にくたくた、という感じの疲れを感じています。

 最近、妙に寒い日が続いていて、それも疲れを感じる要因のひとつだと思われます。風邪気味のような感じもします。

 自律神経が狂いやすい気候ですから、膵様のご機嫌がいいわけがないですね。

 こういうときは、とにかく早く寝るにかぎりますね。幸い、へろへろは、不眠ではないので、毎晩ぐっすり眠っています。長時間の睡眠が、なんとか仕事を続けている原動力だと思います。


 
[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-18 20:40 | 慢性膵炎
 今日も、うす~い吐き気と共に一日が始まりました。昨日点滴に行ったのになあ。なんだか、がっかり。
 
 朝食の後も、当然吐き気と、みぞおち辺りの重~い感じがあり、なんだかはっきりしない体調でした。

 しかし、慣れというのはすごいものです。吐き気がありながらも、仕事を普通にこなし、人と会話したり、笑ったりできるんですねえ。多分、まわりの人は、へろへろが内心、う~、気持ち悪いよう、と思い続けていたことに気づいていなかったと思います。それがへろへろの悲しいところでもあるのですが。

 まあ、耐え難い、というレベルの吐き気はなくなった、ということで、よし、としようと思います。

 不調のときの対処法として、先生からは、食べる量を減らすよう言われています。でも、今のところ、相変わらす食欲があるので、量を減らす、というのは大変困難です。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-17 22:33 | 慢性膵炎

慢性膵炎仲間ができた

 新しい職場でも、へろへろが慢性膵炎ということが浸透し始めた先週。同僚の女性が、「へろへろさん、私何年か前に膵臓カテーテルやったのよ。」「はあ、そうなんですか。(膵臓カテーテルって何?)」「でね、ずっと調子悪くって、私も膵臓かなあって思ってるんだけど。」
 ということで、自覚症状を伺ったら、みぞおちの辺りが痛い、背中が痛い、油もの食べたら吐き気がする、実際吐いたこともあるが、吐いても良くならない、というようなことを次々とお話なさるではありませんか。そ、それは、慢性膵炎では~?ということで、早速お医者さんを紹介しました。

 今朝、出勤したら、「へろへろさんのおかげで、長年の不調の原因がわかりました。ありがとう!」と言われました。土曜日にお医者さんに行ったら、慢性膵炎と診断された、ということです。
 長年にわたり、色々な科で色々な検査をして、自律神経失調症とか、更年期とか、気のせいとか言われてきたのだそうです。とても晴れ晴れとした表情をしていらっしゃいました。
 へろへろも長年、慢性膵炎の症状に悩まされてきたので、気持ちがよくわかります。

 慢性膵炎の人は、まわりに同じ病気の人がいない、という人が圧倒的だと思うのですが、へろへろには、新たな慢性膵炎仲間ができてしまいました。しかも職場に。これはスゴイことです。毎日顔を合わせる慢性膵炎仲間がいる人なんてそうそういないぞ。

 しかし、うちの職場、慢性膵炎の人を二人も抱えて、飲み会とかどうするんでしょうね。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-16 21:45 | 慢性膵炎

結局寝たきりの一日

 今日は、なんだかうす~い吐き気が続いていました。と言っても、そんなに辛い、というほどではなかったのですが、念のため、おとなしくして過ごすことにしました。

 というわけで、昨日に引き続き、寝て過ごす一日でした。午前寝て、午後寝て、と、健康であればこんなに眠れるわけがないので、やはり不調だったということでしょうね。
 
 先日の診察のとき、食事の写真を先生に見ていただき、「立派」のひとことをいただきました。ただ、調子が悪いときは、量を減らしたほうがいい、と言われたので、今日は、一品減らしました。

 昼食は、ご飯、豆腐となめこのお味噌汁、にんじんサラダ、メカジキの煮付け、ほうれんそうのお浸し。

 夕食は、ご飯、えのきとなすと春菊のお味噌汁、冷奴、キャベツ・にんじん・ピーマンのサラダ、長いものせんぎり。

 何だか似たようなものばかり食べているなあ。脂質制限食だと仕方ないか。
b0083781_22584634.jpg
b0083781_22585963.jpg

[PR]
by heroheromakiko | 2007-04-15 23:07 | 慢性膵炎