慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

タグ:慢性膵炎 ( 92 ) タグの人気記事

今日も点滴

 痛みがあった翌日なので、ちょっと心配な日だったのですが、メープルシロップで痛みが消えてから、ずっと痛みなし。良かったー。

 今日は、仕事の後点滴に行きました。
 病院に行くのは、体調が悪いから、なのですが、あまりに調子が悪いと、病院に行く気力もありません。今日くらい調子がいいと、病院に行くのもなんということはないのですが、本当に調子が悪くなると、病院がとても遠く感じてしまうのです。

 体調がいいときに、なるべく点滴に通うようにしたいと思っています。膵様はまだ、腫れているような感じがするので、これが少しでも落ち着けば、と思います。もう少しで、点滴30回なのですが、どうもそれではすまないような感じです。目指せ、60回のようです。

 60回は、まだまだ先の目標となってしまいますが、年末年始、病院に通えない時期には、ある程度落ち着いているといいなあ、と思っています。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-11-20 20:54 | 慢性膵炎
 おかみさんご推薦のメープルシロップがあるのを思い出しました。痛み止めになる、という話だったので買ったのでした。今日みたいな日に試さなくて、いつ試す、という感じですね。

 さきほど、まだ、背中の痛みがあったので、メープルシロップをなめてみました。おいしい!どんどんなめてしまいそうです。
 なめて、それほど時間がたたないうちに、あ~ら不思議!痛みが消えていきました。
 これってどういうこと???
 うれしい不思議です。

 痛みがあっても、メープルシロップがある、と思うと安心です。精神安定剤としても、いい役割を果たしてくれそうです。

 おいしいので、なめ過ぎないように注意!ですね。

 
[PR]
by heroheromakiko | 2006-11-19 19:31 | 慢性膵炎

痛みが・・・

 3時くらいから昼寝をしていたのですが、途中からなんだかみぞおちの辺りが痛くなってきました。うーん、どうしたのだろう?最初は、胃が痛いんだ、と思いましたが、この場所だったら、やはり膵臓と考えるべきでしょう。

 起きて、色々と考えてみましたが、原因はよくわかりません。朝から脂質が入っているものは食べていないしなあ。昨日、いつもより遅く寝たけど、睡眠時間も大丈夫なはず。だいたい、昨日は半日寝ていたんだし。
 気がつくと、背中も痛いみたいです。

 おなかがすいていたので、無謀かな、と思いつつ、早い夕食をとってみました。食べてみたら、みぞおちの痛みはなくなったような・・・
 食べても良くならないのが膵臓、食べて良くなったら胃、という話を前にかかっていたお医者さんからされたことがあるのですが、今度は胃が悪いのかな?でも、胃酸を押さえる薬は飲んでるけど。

 などなど、あまり思い悩んでも仕方がありません。2時間ほど縦になって、その後は、今夜も早く寝ることにしましょう。
 恐るべし、慢性膵炎!
[PR]
by heroheromakiko | 2006-11-19 18:02 | 慢性膵炎

今日は点滴の日

 今週2回目の点滴です。

 今日は、仕事がすぐに終わらなかったので、いつもより30分くらい遅れての病院到着となりました。待合室には、10人くらいの人がいました。その方々は診察待ちなのです。

 へろへろは、今日は点滴だけですから、別室に呼ばれて点滴。今日の看護師さんは、無事一回で針を刺してくれました。
 「血管細いですね~」と言われてしまいました。血管が細くて、血圧が低い人は、針を刺しにくいようです。へろへろは、まさにそう。その上、体調が悪いと尚更刺すところがなくなるようです。

 今日で、27回目の点滴でした。

 点滴の回数を重ねるごとに、体調が良くなってきているように思います。そうすると、問題は、旺盛な食欲。今日、鏡を見たら、顔の輪郭が丸くなっているみたいです。
 まだ膵様は腫れているみたいなのに、こんなに食べてはいけない、という量をついつい食べてしまいます。気をつけなきゃ。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-11-16 21:20 | 慢性膵炎

今日もネタには困らない

 今日は、膵様の調子もいいみたいで、痛みも吐き気もないぞー、と思っていたのですが、先程、晩御飯のあと、鈍ーい痛みが数分続きました。何もしないうちに消えてくれましたが。
 こうやって、ブログのネタには困らない慢性膵炎ライフが続いています。

 今日は、おかみさんご推薦のメープルシロップを購入しました。慢性膵炎の痛みに効くということです。さっき痛みがやってきたときは、早速メープルシロップを試す機会がやってきたか、と思いましたが、試さずにすみました。
 このメープルシロップ、風邪の引き始めとかにもいい、ということなので、常備薬として置いておくつもりです。

 ここのところ、痛みといえば、背中の凝りという風に感じる痛みが中心です。左脇腹の痛みは、数分続いて、いつの間にか消える、という感じです。
 今、痛み止めのコスパノンは飲んでいないし、点滴にも痛み止めは入っていません。痛みに効く薬は何も使っていなくてこの状態というのは、結構いい感じではないでしょうか。このまま続いてくれることを祈りましょう。

 せっかく買ったメープルシロップですが、痛み止めとして使うことがありませんように!
[PR]
by heroheromakiko | 2006-11-14 20:03 | 慢性膵炎

点滴生活再開!

 週2回の点滴生活始まり。今日は仕事もあまり忙しくない日なので、仕事の後すぐに飛び出して、点滴に向かいました。

 しかし、です。病院で私を待ち受けていたのは、私の血管と相性の悪い看護師さんだったのでした。そして、案の定、右腕で失敗。この看護師さんの失敗、ただの内出血にとどまらず、失敗の跡が痛いので困るのだな。
 左腕でどうにか入り、無事点滴終了となりました。2回目で成功して、良かった!

 静脈炎とか起こったらどうしよう、と心配していたのですが、この点滴禁止の2週間のきっかけは、この看護師さんの失敗だったことを思い出しました。ひどい内出血の跡を見て、先生は心配したのですが、静脈炎の心配は、しなくてよさそうな気がします。

 この看護師さんが悪い、というわけではありません。これは、相性の問題のようです。それと、私の体調も問題なのです。体調が悪いと、血流が悪いようなのです。前通っていた病院の看護師さんで、やはり私の血管と相性が悪い人がいたのですが、私の体調が良くなったら、ちゃんと入るようになりました。

 もう少し体調が良くなれば、どの看護師さんでもOKとなるはず。それまで、相性のいい看護師さんにあたりますように!



 
 
[PR]
by heroheromakiko | 2006-11-13 20:44 | 慢性膵炎

点滴について考える

 明日から、週に2回の点滴生活が始まります。ここ2週間、点滴なしでなんとか暮らせていたのがちょっと自信につながりました。前みたいに、追い詰められての点滴生活でないので、精神的にちょっと楽です。

 昨日の診察のときの先生のお話で、点滴治療は、急性慢性膵炎しか、保険で認められていないということがわかりました。ということは、慢性膵炎に対する、FOYなどの点滴治療は、一般的な治療方法として認められていない、ということなのでしょう。
 どおりで、慢性膵炎の方のブログなどをみても、点滴を受けています、という人がいないわけです。
 私は、調子が悪くて、という方の書き込みなどを見る度に、どうしてこの方の主治医の先生は、点滴をしないのだろう、と思っていたのですが、点滴を受けている私が、一般的でない治療を受けていた、というわけです。

 私の慢性膵炎治療歴から考えると、点滴を受けていられなかったら、仕事を続けることはとてもできなかっただろう、と思います。前の先生のときは、数値でしか判断しなかったので、点滴の効果が即数値に反映せず、どういう効果があったのかよくわかりませんでしたが、今の先生になってから、膵臓の腫れが点滴を受けることで良くなっているのだとわかりました。

 慢性膵炎患者にとって、痛みや吐き気との戦いは、身体的に辛いだけではなく、精神的にかなり消耗します。また、慢性膵炎の症状のひとつである、抑鬱状態を引き起こし、悪化させることになります。ここから、身体的問題なのか、精神的問題なのか、という悩みが生じ、患者としては、泥沼に入っていくような感じとなるわけです。慢性膵炎ライフは、光のない世界のような気がしてきます。というのが、少なくとも、へろへろの暗い慢性膵炎ライフへの突入パターンでありました。

 慢性膵炎の治療として、どの先生にかかっても、点滴治療を受けることができるようになったら、もう少し楽に生活を送れると思います。これが一般的治療として認められたらいいのに、と思います。もちろん、薬漬けは困りますが。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-11-12 21:19 | 慢性膵炎

点滴再開

 今日は、診察を受けました。

 調子はまあまあ、ということ、パキシルの離脱症状の話などしました。触診の結果は、まだ腫れているということで、点滴再開となりました。

 点滴は、今アガリットという薬なのですが、これはジェネリックだそうです。これで、静脈炎などが起こってしまったら、FOYに替えることになるのだということです。
 15年くらい前までは、保険で点滴をしていたそうですが、保険適用は、急性慢性膵炎しか認められない、ということになり、自費負担で点滴をするようになったとか。アガリットだと一回1860円ですが、FOYだと3500円くらいらしいです。
 一回3500円は痛いなー。点滴してもらうと楽になるし、膵様の腫れも引いていくみたいなので、点滴なし、というわけにはいきません。背に腹は変えられない、ということで、FOYしかだめ、となれば、それをやってもらうしかないのですがね。

 なんとかアガリットを使い続けられるといいな。頑張れ!私の血管。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-11-11 17:24 | 抑鬱状態
 今日は仕事に行けました。それなりに働けました。

 背中は、ずっと痛かったみたいです。痛い、と感じたのは、朝食後と昼食後だけでしたが、ずっと凝りのようなものを感じていましたし、ずっと猫背で過ごさねばならなかったので、軽い痛みはずっとあったのだと思います。
 左脇腹の痛みは、思い出した頃にやってきて、いつの間にか去っていく感じでした。

 おなかを触ると、腫れているような感じです。まだ不調、といえば不調なのですね。

 ただ、倦怠感や疲れはそれほど感じないですみました。昨日、一日中寝ていたおかげかもしれません。

 昨日は、不調に落ち込みましたが、今日はある程度のところまで回復してくれました。前は、不調になると、なかなか回復しなかったのですから、これでもずいぶん良くなったのだと思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-11-10 19:37 | 慢性膵炎

不調!

 久々に寝込んでしまいました。
 
 慢性膵炎の症状としては、左脇腹と背中の痛み。痛みはそれほどでもなくなったのですが、まだ猫背です。ということは、実は背中は痛いのだな。

 そして、何よりも今回の不調の原因は、生理です。前に通っていた精神科の先生にも、前の膵臓の先生にも、今の膵臓の先生にも、この時期の乗り切り方を相談したのですが、どの先生も、なす術なし、というようなご回答。自然の摂理には勝てないということですねえ。みんな生理の時期は、慢性膵炎の調子が悪くなるのだとか。
 先月は、何とか休まずに乗り切ったのだけど、今回はだめでしたね。無念。

 それから、不調の要因がもうひとつ。最後に残されている精神系の薬、パキシルを今、一日おきに飲んでいます。そうすると、飲まなかった次の日は、ふらつき感があります。これは、パキシルの離脱症状のひとつらしいのです。昨日は飲まない日だったので、今日はやはり変な体調だったのでした。
 パキシルひとつで、こんな症状があるのですから、9月、一気に精神系の薬をやめたとき、色々な症状が出て苦しかったのは当然ですね。
 パキシルは、断薬しにくい、と、ひでおさんから教えていだいていたので、覚悟はしていたのですが、やめるには、思っていたよりも時間がかかりそうな気がしています。

 ずいぶん体調が回復してきたので、明日は復活しているはず。金曜日だし、頑張るぞ!
 
[PR]
by heroheromakiko | 2006-11-09 20:00 | 慢性膵炎