「ほっ」と。キャンペーン

慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

ストレスにも負けず?

 ずっと更新をさぼってしまいました。

 体調は、ずっと好調を維持しています。食べ物も、色々チャレンジしています。と言っても、とても大胆なことは、こわくてできないですね。先生から、食べてもいい、と言われた野菜の炒め物でさえ、1回しか作っていないくらいです。でも、入院前に比べて、肉を食べるようになってきています。割合としては、断然魚が多いんですけどね。

 ここのところ、仕事でストレスがたまり気味です。ストレスは、膵臓や胆嚢にとても悪いので、影響が出ないか、少し心配しながら過ごしているのですが、今のところ、大丈夫です。週に数回、短時間の残業をしていますが、翌朝も元気に起きることができています。こんな日が自分にこようとは。

 入院して、普通と時間の流れが違う生活を送ったことで、入院前よりものんびり過ごすことができるようになったことが、ストレスがたまる日々にいい影響を与えているように思います。前に比べれば、色々なことに対して、カリカリしないでいられるようになっていると思います。

 約2ヶ月の入院生活、体調が良くなったということと共に、精神的にも意味のある時間だったのだなあ、と思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-10-02 21:40 | 慢性膵炎

1ヶ月検診

 退院して1ヶ月。薬もそろそろ切れるので、昨日、仕事を休んで病院に検診に行ってきました。

 退院したときに比べて悪くなっていないか、少し心配していました。この1ヶ月、基本的にはきちんと食事制限してきましたが、ちょっとチャレンジして食べたこともあるし、仕事も始めて残業なんかも少ししたりして、ストレスもあったりしますからね。退院すると、膵臓や胆嚢にとって、いいことばかりはしていられないものです。

 結果は、数値的には退院時とほとんど変わりがありませんでしたが、画像で見る胆嚢の状態が改善していた、ということで、ほっとしました。退院してからも、良くなるなんて思っていなかったので、うれしかったです。先生によると、良くなるにはある程度の時間が必要なのだとか。
 先生も意外だったようで、良くなったのをとても喜んでくださいました。

 食事制限ですが、この1ヵ月は入院時と同じような脂質制限を指示されていましたが、もう少しゆるめてもいい、ということになりました。野菜の油いためなど、食べてもいいそうです。
 慢性膵炎と診断されて、もうすぐ丸3年ですが、食事制限がゆるくなるなんて、考えたこともありませんでした。味噌禁止令まで出されたことがあるへろへろが、油いためを食べていいと言われるなんて!ウソみたいです。

 と言っても、調子に乗りすぎてはいけないでしょうから、少しずつ、色々な食べ物にチャレンジしていきたいと思います。

 
[PR]
by heroheromakiko | 2007-09-19 21:09 | 慢性膵炎

今日は飲み会

 今日は、職場の飲み会でした。創作料理のお店でしたが、あらかじめ、油がダメだという説明をしておいたので、脂質制限食を出してもらえました。

 こういうとき、へろへろは、普通の人よりも恵まれているのだなあ、と思います。職場に慢性膵炎の同僚がいるので、自分だけ違う料理を準備してもらうよりも、二人分準備してもらうほうが、ずっと気が楽なのです。お店の人に頼むのもそうですし、飲み会のときも、自分だけ違う料理が出てくるのではなく、二人分違う料理が出てくるので、寂しい気持ちにならないですみます。

 家に帰って来たのは、10時半過ぎでした。復帰してから、1時間程度の残業は数回しましたが、飲み会とは言え、こんなに遅く帰ってきたのは初めてです。でも、元気にしています。入院前だったら、考えられないことです。
 仕事をして、買い物をして、夕食を作って、という普通の生活ができればいいな、と思っていたのに、夜遊びまでできるようになりました。なんて贅沢なことでしょう!

 こんなに元気になってきたのですから、快く入院させてくれた職場のみんなに恩返しをしなければ、と、改めて思いました。無理してはいけないと思いますが、来週から、頑張って働きたいと思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-09-14 23:24 | 慢性膵炎

普通に過ごせる幸せ

 職場復帰、2週間目です。と言っても、先週は、木・金の二日しか出勤していませんから、今週から本格復帰ですね。

 週初めの今日は、午前中元気に働いて、お昼は前の職場の同僚と一緒に和食系のところで外食。前の職場で慢性膵炎発症で、一番ひどかったときのことを知っている仲間なので、元気になって退院してきたのを、とても喜んでくれました。午後も引き続き、元気に働くことができました。

 職場にいて、眠くなったりもしないし、だるくてだるくてたまらない、なんてこともないし、頭が働かなくなって、仕事が苦痛になる、なんてこともありません。一日働いてもくたくたという感じでもなく、仕事帰りに買い物して、帰ったら夕食作って食べて、という、本当に普通の生活ができました。

 入院前には、食事が終わったら、眠くて眠くてたまらなかったのですが、今のところ、まだ元気に起きていられそうです。

 こういう普通の生活をしたのは、一体何年ぶりでしょうか。こういう生活に、ずっと憧れていました。入院して、治療を受けられて、元気になって、本当に幸せだと思います。
 調子に乗って、飛ばし過ぎないように気をつけながら、普通の生活を毎日送れるようにしていきたいと思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-09-10 20:35 | 慢性膵炎

職場復帰しました。

 今日から出勤です。2ヶ月ぶりの職場でしたが、案外すんなりと仕事に入れてほっとしています。

 会う人、会う人に、「元気そうだね。」と言われました。それと共に、「顔色が良くなったね。」「色が白くなったね。」と言われたのには驚きました。自分でも顔色が良くなった気がしていたのですが、他の人からもそう見えるということは、本当に顔色が良くなったようです。
 入院前は、黄疸とまではいかなかったものの、どうも肌の色が黄色っぽかったようです。入院して治療を受けたら、それが改善されたんですね。

 一日働いたら、ずいぶん疲れるだろうなあ、とちょっと心配していたのですが、思っていたよりも疲れていないので、ほっとしています。ですから、今日の夕食もちゃんと作ることができました。

 仕事も家事も、適度に力を抜いて、長続きするようにやっていければいいなあ、と思っています。今はまだ、焦らず、無理せず、やっていく時期だと思います。そして、自信が出てきたら、少しずつ頑張るようにしていきたいです。

 こうやって、元気に仕事ができる体にしてくれた先生に、改めて感謝した一日でした。  
[PR]
by heroheromakiko | 2007-09-06 21:48 | 慢性膵炎

退院1週間。

 退院して、1週間たちました。病院を離れてからの体調の変化を心配していましたが、今のところ大丈夫みたいです。

 食事は、基本的には入院前と同じなので、困ることはありません。今まで脂質制限し過ぎていたようなので、少しずつ、食べるものを増やしていく必要があります。入院前には素通りしていた食品売り場の前でも立ち止まるようになりましたが、手を出す勇気がなかなか出てきません。制限するのも難しいのですが、制限をはずすのも難しいですね。

 退院してからも、痛みも吐き気もありません。倦怠感もないので、ほっとしています。入院前と比べると、体調がとてもいいので、とても楽に過ごせています。

 入院前には、思ったようにできないことが多すぎて、自分が精神的に強ければ、もっと色々なことができるのではないかと思ったりしたのですが、こうして体調が良くなってみると、入院前の自分が精一杯頑張っていたことがよくわかります。できないことだらけだったのは、精神的な問題ではなく、病気のせいだったのです。

 今の体調であれば、前よりもやりたいことができると思うのですが、無理せず、少しずつ試していくようにしたいと思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-08-26 20:47 | 慢性膵炎

明日退院します。

 今日、最終的な検査を受けました。今日は、外来がとても混んでいたので、結果は、なんと明日、日曜日なのですが、教えてくださるそうです。

 細かい数値はまだわかりませんが、先生の感触は良かったらしく、明日、退院の許可が下りました。約7週間の入院生活が終わりになります。

 辛い自覚症状は、もうなくなりました。入院生活を送っていく上で、困ることはありません。

 退院後は、入院生活とは違って、家事をし、仕事をしなければなりません。体力的な面でかなり不安がありますし、ストレスとの付き合いという問題も出てくるとは思いますが、無理しないように、少しずつやっていこうと思います。

 大切なのは食事制限ですが、へろへろの場合、脂質を制限しすぎだったことがわかったので、今後の課題は、上手な脂質の取り方になってくると思います。

 入院していると、慢性膵炎の仲間がいて、情報交換したり、悩みを相談したりできたのが、退院後は一人になってしまいます。急に仲間がいなくなって、きっと寂しくなって、普通の人中だけでやっていくのが、精神的につらくなってくることがあると思います。そこを乗り越えてやっていくことも大きな課題だと思います。

 退院時元気だった、というだけでは意味がありません。今後、肉体的にも精神的にもこの好調さを維持できるように、今後も頑張っていきたいと思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-08-18 22:09 | 慢性膵炎

長期戦決定

 今日、検査を受けて、回診のとき、その説明がありました。

 膵臓の腫れは、順調に引いてきているようです。6月に来院して計ったときの数値よりもかなり良くなっていました。4週間で、このくらい引くだろうという予想通りだったようです。
 胆嚢は、数値的なものはそう悪くなかったのですが、壁の部分の状態が良くないので、引き続き治療が必要、というようなお話でした。

 今後の治療については、引き続き、4週間程度かかる見込みとなりました。入院して、しばらくして、自分で見積もったとおりの日程です。

 今まで、何年も苦しんできた症状から、たった4週間でずい分解放されましたから、あと4週間の治療を受ければ、その症状はほとんどなくなるのではないか、とさえ思えます。これからの4週間、まだまだ先は長いように思えますが、その先の人生のことも考えると、そんなに長くはないのかもしれません。
 先生を信頼して、あと4週間頑張りたいと思います。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-07-30 20:16 | 慢性膵炎

さぼってしまいました。

 更新をさぼってしまいました。というのも、そろそろネタ切れなのですねえ。

 入院生活って、単調だし、病状の変化も緩やかだし、そんなにネタなんて転がっていないものですね。入院生活を始めた当初は、入院自体が珍しかったので、色々とかくことがあったのですが、入院生活が今日で4週間を終えるので、さすがに書くことがなくなってきています。

 体調面を報告しますと、順調な回復のようです。回診では、先生が思った通りの回復状況だ、とおっしゃっています。ただ、へろへろの場合、病歴が長いので、どのくらいの期間で良くできるのか、それは自信がない、とおっしゃいます。要するに、時間がかかる、ということですね。
 触診で、痛む部分は、膵臓はずい分減ってきています。胆嚢も、前ほどの痛みではなくなってきました。こんなに短期間で、痛みが取れるとは思っていなかったので、とてもうれしいです。

 このまま、順調に回復してくれればいいな、と思っています。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-07-27 21:10 | 慢性膵炎

バスでお出かけ

 今日は、外出許可を取って、地元のバスでショッピングセンターに出かけてみました。行きは10分くらい、帰りは30分くらいの道のりです。本数が少ないので、滞在時間は2時間ほどです。

 こうしてお出かけしてみると、病院は世間とは別世界なのだなあとつくづく思います。時間の流れ方が本当に違います。周囲の人たちが、普通に買い物などしているのも、なんだかすごいことのように思えます。食べ物の匂いも、病院のものとは全然違っていて、なんだか危険なものばかりです。病院食に慣れきった今、食べられるものはうどんとそばくらいなものでしょう。それも、もし食べたら、味が濃くて調子を崩すかもしれません。
 病院にいる、ということは、世間から守られている、という感じですね。

 そして、今回のお出かけで一番驚いたのは、行き帰りのバスの揺れでした。バスの揺れって、結構なものですね。振動に弱いという胆嚢に悪影響が出るのでは、と心配しながらバスに揺られて帰ってきました。幸い、今のところ調子が悪くなったりはしていません。良かった!

 退院して、働き始めたら、色んなものに慣れなきゃいけないんだな、と、改めて感じたお出かけでした。
[PR]
by heroheromakiko | 2007-07-22 20:39 | 慢性膵炎