慢性膵炎と診断されて3年目。病気との共生を目指します。


by heroheromakiko

タグ:過緊張状態 ( 2 ) タグの人気記事

いつまで休職?

 今日は、職場の上司から電話が入りました。私の休職をいつまで、という書類にするか、相談するためです。お医者様からいただいている診断書には、「当人は5月中旬までの就労中止と考えているようですが、状態の改善には、もう少し長い期間の休養を要すると考えられます」と書いてあるのです。上司によると、このような診断書は珍しいそうで、普通は、期間をいついつまで、としっかり区切って書いてあるものだそうです。 「なかなか含蓄のある診断書だねえ。」ということで、とりあえず、5月末ということで書類は作成し、もっと伸びたら、そのとき改めて診断書を出すことになりました。

 私は、今、まだ過緊張状態がとれていません。これがぐずぐす状態になって、そこを難しいけれど乗り越える、ということを考えると、5月末というのは無理だな、と思いました。多分、主治医の先生は、私がぐずぐず状態を乗り越える難しさを考えて、含蓄のある診断書を書かれたのだと思います。かなり長い休職になりそうです。

 こういうことを考えて、暗くなっても仕方がありません。私の職場の仕事の山は6月にくるので、そこが終わった頃の復帰かな、ラッキー、くらいに考えて、のんびり休養するしかなそうです。焦っても仕方がないですからね。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-04-27 17:23 | 抑鬱状態

休職中の生活

 休職中、何をして過ごせばいいのでしょうか?のんびりする、と言っても、テレビはうるさく感じるだけですし、本を読む気にもなれません。何が一番いいのでしょうか?

  昨日、心療内科の日だったので、先生に伺ってみました。すると、「寝ること」だそうです。まだ、緊張が完全に抜け気っていないせいでしょうか。昼間は、あまりよく眠れないことを相談したら、お昼寝用の睡眠導入剤をいただきました。

 今日、早速入眠剤を使って寝てみました。よく眠れました。起きても、体がだるくて、もう一度ぺッドに戻りたい気分です。これが続いたら、うまく緊張が抜けて、昼間も自然に眠れるようになるのかもしれません。

 そうやって、今までたまっていた疲れが抜けたところで、私が本当に向き合うべき問題と向かい合うことになるだろう、という先生の話でした。早く結論を知りたいけれど、それまでには、結構時間がかかりそうです。

 しばらくは、とにかく気長に寝て過ごすことにします。
[PR]
by heroheromakiko | 2006-04-25 17:08 | 抑鬱状態